酵素と乳酸菌の関係と一緒に摂取したほうが良い理由

酵素と乳酸菌は相性抜群!一緒に摂ったほうがいい理由はこれ!

酵素と乳酸菌の相性は?一緒に摂取したほうが良い理由
42985 views

太りにくい身体づくりをするために、腸内環境を整えることはとても重要なこと。

酵素が腸内環境を改善する効果があることは有名ですよね。

実は、乳酸菌も合わせて摂取することで、ダイエット成功をもっと確実なものにできるとしたら...?

今回は酵素と乳酸菌の違い、そして合わせて摂取することで得られる効果について説明していきます。

酵素と乳酸菌の違い

乳酸菌と酵素の違い

まずは、酵素と乳酸菌の違いについて軽くおさらいしていきましょう。

簡単にいうなら、酵素は物質であり、乳酸菌は生物です。

酵素はタンパク質のひとつ

アミラーゼ・リパーゼ・プロテアーゼなど、体内に入ってきた食べ物を消化する働きのある、消化酵素。

消化された成分をエネルギーに変えるため、体の隅々まで栄養を運ぶ代謝酵素。

さらに、わたしたちが食べる食べ物にも食物酵素が含まれており、消化酵素と同じ働きをします。

また腸内にある毒素を排出するという、デトックス効果もあります。

3000種類以上も存在すると言われており、栄養素ではなく触媒の一種。

人の身体というのは、消化だけでなく栄養を吸収・循環させたり、見る・聞く・動くなど、あらゆる生命活動を行っています。

これらの生命活動を行うことができるのは、体内にある様々な成分が化学反応を起こしてくれるからで、化学反応は触媒なしには行えません。

つまり、酵素なくしては生命活動を維持することはできないのです。

乳酸菌は生きた細菌

よく、ヨーグルトのパッケージに「生きて腸まで届く」などと書かれていますよね?

そうなんです、乳酸菌は生きた細菌のひとつ。

乳酸菌というと、乳製品(動物性乳酸菌)を想像してしまいがちですが、それだけではありません。

漬物や味噌などの発酵食品(植物性乳酸菌)や、私たちの体内にも乳酸菌は生息しているんですよ。

乳酸菌シロタ株・プラズマ乳酸菌・LG21乳酸菌・L-92乳酸菌・R-1乳酸菌など200種類以上も存在し、効果もそれぞれ違ってきます。

まとめるなら、乳酸菌は腸内環境を正常化させる善玉菌の一種。

酵素も乳酸菌もよく似た効果を持っています。

共通の効果としては、

  • 腸内環境を整える
  • 便秘改善・予防
  • 免疫力を強化させる
  • 肌荒れを改善する

があげられます。

しかし、似ているのは効果だけではありません。どちらも、体内に存在しており、生きて行くうえでは必要不可欠なんです。

さらに、加齢とともに体内の生成量が減少していきます。

  • どちらも、体内に存在する
  • どちらも、生きていくために必要
  • どちらも、加齢とともに減っていく

なので、ダイエットを目的としていなくても意識的に摂取したいもの。

もちろん、痩せるためにも酵素や乳酸菌を摂取するのは良いこと。

どちらかひとつでも効果的ですが、できるならふたつ合わせて摂取するほうが、相乗効果を期待できます。

酵素と乳酸菌で、太りにくい身体づくり

乳酸菌と酵素で太りにくい体を作る

ダイエットといっても、食事を抜いて数日で減量するよりも、時間をかけても太りにくい身体を基礎から作ったほうが、リバウンドもしにくく健康的だと思いませんか?

その太りにくい身体づくりに大事なことが3つあります。

まず、腸内環境を整えること、体内にある酵素を充実させること、体内の悪玉菌を増やさないこと。

  • 腸内環境を整える
  • 体内酵素を充実させる
  • 体内の悪玉菌を増やさない

腸内で活動する細菌には、善玉菌・悪玉菌・日和菌の3つが存在し、善玉菌15%:悪玉菌10%:日和見菌75%の割合が、最もバランスの取れた状態と言えます。

しかし、このバランスはストレスや食生活で簡単に崩れてしまうものなのです。

さらに大部分を占める日和見菌は、善玉菌と悪玉菌の多いほうの菌に加勢する性質があるため、悪玉菌が優勢の場合には悪玉菌と一緒に悪さをはじめる、なんとも厄介な菌です。

ならば悪玉菌を排除すればいいかというと、悪玉菌も完全悪というわけではなく、善玉菌の働きを活発にしたり、外から侵入してきたサルモネラ菌・インフルエンザ菌などの病原細菌を攻撃するという頼もしい存在。

大事なのは、この3つの細菌のバランスです。

そんな不安定な腸内環境を整えるためには、普段から善玉菌を意識的に摂取してあげることが大切。そう、つまりは乳酸菌です。

善玉菌が充実している腸では、悪玉菌も増えにくくなります。

悪玉菌は代謝酵素の働きを阻害しますが、乳酸菌が悪玉菌をやっつけてくれるので、スムーズに栄養を身体中に届けることができます。

酵素自体も腸内環境を整える働きがありますが、体内にある酵素には限りがあり、消化酵素を使いすぎてしまうと、その分代謝酵素の使える数が減ってしまいます。

だからこそ、腸内環境の改善は乳酸菌にお任せて、酵素はほかのこと(免疫力アップ・基礎代謝アップ・美肌など)でそのチカラを発揮すれば、酵素単体を取るよりもより「痩せやすく太りにくい身体」を作ることができるわけです。

欲をいえば、ビフィズス菌やオリゴ糖・食物繊維も合わせて摂れるのが理想的。ビフィズス菌って乳酸菌と同じものだと思っている人が多いですが、生物学的には別物なんですよ。

ビフィズス菌は乳酸菌とは違う

乳酸菌と非常によく似た働きをするのですが、ビフィズス菌は酸素のある場所では生息できないため(偏性嫌気性といいます)、自然界ではヒトや動物の腸内にしか存在していません。

ヨーグルトにもよく配合されてますが、酸素に触れにくいようにしっかり通過性のない蓋で密閉するように工夫されています。

乳酸菌にはない特徴として、ビフィズス菌は乳酸と酢酸を作り出すことができます。

この酢酸には、ビタミンB群や葉酸を生成する以外に、強い殺菌力を持っているため悪玉菌の繁殖を防いでくれます。

さらに、オリゴ糖や食物繊維は善玉菌の栄養となるため、一緒に摂取することで善玉菌の繁殖を加勢してくれます。

今の腸内環境を調べるにはウンチを見よ

腸内環境は便で確認する

ここまで読んでみて、酵素と乳酸菌が腸内環境に良いのはよくわかったけど「自分の腸内環境って今、どうなってるんだろう?」と疑問に思っているのではないでしょうか。

腸内環境を知るには、自分のウンチを観察すれば一目瞭然です。

善玉菌が優勢になっている人は、黄色味の強いバナナ状のウンチで善玉菌が腐敗を防いでくれるため、臭いもあまりしません。

逆に悪玉菌が優勢になっている場合は、コロコロしていたり、カチカチの固めのウンチ。また、バナナより緩かったり粘り気があることも。

悪玉菌がウヨウヨしてると腐敗も進むため、相当臭いです。

固めのウンチが出る場合は食物繊維を多めに、下痢みたいなウンチの場合には水分補給を多めに心がけてあげると良いでしょう。

毎日決まった時間にウンチがでるのは理想ですよね?

便秘とは、週に2回以下の不規則な排便で、腹痛や気だるさを伴うものを指します。

もし、2〜3日に1回でも習慣づいているのなら、便秘とは言えません。

酵素と乳酸菌を含む食材はコレ

酵素も乳酸菌も含んでいる、そんな効率の良い食材が存在します。日本に馴染み深い発酵食品が、それに当たります。

醤油や味噌、納豆・漬物・ぬか漬け、キムチにもチーズなど。

ただ、見てわかるように全体的に塩みの強い食材ばかり。

摂取のしすぎは塩分過多になりやすく、生活習慣病など、別の病気を引き起こしかねません。

これらの食品を選ぶ際には、添加物が入ってないかをチェックする必要があります。

なぜなら、添加物は酵素の働きを邪魔してしまうからです。

かと言って、無添加を選ぶにもお金がかかる。

そんな人には、その成分に特化したサプリのほうが向いているかもしれません。

酵素サプリのなかには、乳酸菌をはじめ、オリゴ糖や食物繊維の含まれたものも多く販売されています。

乳酸菌やオリゴ糖、食物繊維などを含んだ酵素サプリはどれ? → 人気の生酵素サプリ

どのように摂取していくかは人それぞれ。

果物・ヨーグルトを食べたり、発酵食品を食べたり、サプリを飲んだり・・・どんな摂取方法でも、コツコツ毎日しっかり摂取することが大切。

とくに、乳酸菌は体内に長くとどまることなく、短時間で排出される特徴があります。

酵素も乳酸菌も身体にとっては必要な存在なので、最低でも3ヶ月は飲み続けたいものです。

乳酸菌が含まれるおすすめの生酵素サプリ

こちらの記事もオススメです

酵素ダイエットで痩せる人と痩せない人の違い
酵素ダイエットはリバウンドしにくいと言われる理由
生酵素サプリの飲み方と効果的な飲むタイミング
ズボラな人でも短期間で確実に痩せられるダイエット方法
中性脂肪を効率良く基準値まで減らす方法
コレステロールとは何?その種類と値を減らす方法
酵素と乳酸菌の相性は?一緒に摂取したほうが良い理由
ぽっこりお腹の解消は酵素におまかせ!
正月太りの解消に効果的なダイエット法
生酵素サプリは副作用の心配は無いの?

生酵素コラム

生酵素サプリの学校メニュー


PAGE TOP